米小売りの弱さがドルの調整誘う

米小売りの弱さがドルの調整誘う

ポンドは軟調、ユーロも頭が重い
ポンドはブレグジット警戒の動きが継続

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《2/14 木曜日》    
  ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  111.01  1.1261  125.00
高値  111.13  1.1310  125.46
安値  110.46  1.1250  124.75
終値  110.48  1.1295  124.81
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《2/14 木曜日の主要株式指数》
日経  21139.71 -4.77
DOW   25439.39 -103.88
S&P    2745.73 -7.30
Nasdaq  7426.96 +6.58
FTSE   7197.01 +6.17
DAX   11089.79 -77.43
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《2/14 木曜日の商品市場》
NY原油先物3月限(WTI)(終値)
1バレル=54.41(+0.51 +0.95%)
NY金先物4月限(COMEX)(終値)
1オンス=1313.90(-1.20 -0.09%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《2/14 木曜日に発表された主な経済指標》

【日本】
GDP1次速報値(2018年第4四半期)08:50
結果 0.3%
予想 0.4% 前回 -0.7%(-0.6%から修正)(前期比)
結果 1.4%
予想 1.4% 前回 -2.6%(-2.5%から修正)(前期比年率)
結果 -0.3%
予想 -0.4% 前回 -0.4%(-0.3%から修正)(GDPデフレータ・前年比)

【英国】
RICS住宅価格指数(1月)09:01
結果 -22.0%
予想 -20.0% 前回 -19.0%

【インド】
卸売物価指数(1月)15:30
結果 2.76%
予想 3.70% 前回 3.80%(前年比)

フランス】
失業率(第4四半期)15:30
結果 8.8%
予想 9.1% 前回 9.1%

【ドイツ】
実質GDP(速報値)(2018年第4四半期)16:00
結果 0.0%
予想 0.1% 前回 -0.2%(前期比)
結果 0.9%
予想 0.8% 前回 1.1%(前年比)

【トルコ】
鉱工業生産指数(12月)16:00
結果 -1.4%
予想 N/A 前回 -0.3%(前月比)
結果 -9.8%
予想 -7.5% 前回 -6.6%(-6.5%から修正)(前年比)

経常収支(12月)16:00
結果 -14.4億ドル
予想 -15.0億ドル 前回 9.9億ドル

【スイス】
生産者輸入価格(1月)16:30
結果 -0.7%
予想 -0.4% 前回 -0.6%(前月比)

結果 -0.5%
予想 -0.2% 前回 0.6%(前年比)

【ユーロ圏】
実質GDP(改定値)(2018年第4四半期)19:00
結果 0.2%
予想 0.2% 前回 0.2%(前期比)
結果 1.2%
予想 1.2% 前回 1.2%(前年比)

【カナダ】
製造業売上高(12月)22:30
結果 -1.3%
予想 0.4% 前回 -1.7%(-1.4%から修正)(前月比)

新築住宅価格指数(12月)22:30
結果 0.0%
予想 0.0% 前回 0.0%(前月比)

【米国】
新規失業保険申請件数(02/03 – 02/09)22:30
結果 23.9万件
予想 22.5万件 前回 23.5万件(23.4万件から修正)(前週比)

生産者物価指数(1月)22:30
結果 -0.1%
予想 0.1% 前回 -0.1%(-0.2%から修正)(前月比)
結果 0.3%
予想 0.2% 前回 0.0%(-0.1%から修正)(コア・前月比)
結果 2.0%
予想 2.1% 前回 2.5%(前年比)
結果 2.6%
予想 2.5% 前回 2.7%(コア・前年比)

小売売上高(12月)22:30
結果 -1.2%
予想 0.1% 前回 0.1%(0.2%から修正)(前月比)
結果 -1.8%
予想 0.0% 前回 0.2%(コア・前月比)

企業在庫 (11月)15日 0:00
予想 0.2% 前回 0.6%(前月比)
–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《2/14 木曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》
【日本】
*茂木経済相
(第4四半期GDPをうけて)日本経済は緩やかに回復と認識
通商問題や中国・金融資本市場動向を注視。
日本経済は個人消費・設備投資、民需に支えられた成長。
中国向け輸出弱含み、外需は寄与度マイナス

【英国】
*ブリハ英中銀金融政策委員
英国民投票以降、英国はGDPの2%相当を失った。
世界成長、英国成長ともに想定よりも弱い。
ブレグジットがスムーズなら、毎年0.25%の利上げも可能。
合意なき離脱でも利上げの可能性がある。
利上げの前にインフレ上昇のサインを待つ必要。
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【シンガポール】
実質GDP(確報値)(第4四半期)9:00
予想 1.5% 前回 1.6%(前期比)
予想 2.1% 前回 2.2%(前年比)

【中国】
生産者物価指数(1月)10:30
予想 0.3% 前回 0.9%(前年比)

消費者物価指数(1月)10:30
予想 1.9% 前回 1.9%(前年比)

【日本】
鉱工業生産(12月)(確報値)13:30
予想 N/A 前回 -0.1%(前月比)
予想 N/A 前回 -1.9% (前年比)

設備稼働率 (12月)(確報値)13:30
予想 N/A 前回 1.0%(前月比)

【トルコ】
失業率(11月)16:00
予想 11.8% 前回 11.6%

【英国】
小売売上高(1月)18:30
予想 0.2% 前回 -0.9%(前月比)
予想 3.4% 前回 3.0%(前年比)

【ユーロ圏】
ユーロ圏貿易収支(12月)19:00
予想 N/A 前回 190億ユーロ(季調前)
予想 157億ユーロ 前回 151億ユーロ(季調済)

【米国】
NY連銀製造業景気指数(2月)22:30
予想 7.0 前回 3.9

輸入物価指数(1月)22:30
予想 -0.2% 前回 -1.0%(前月比)
予想 -1.6% 前回 -0.6%(前年比)

鉱工業生産指数(1月)23:15
予想 0.1% 前回 +0.3%(前月比)

設備稼働率(1月)23:15
予想 78.7% 前回 78.7%

ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)(2月)16日 0:00
予想 93.5 前回 91.2

対米証券投資 (12月) 16日6:00
予想 N/A 前回 376億ドル

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】ドル円しっかり

 ドル円が111円を挟んでの推移としっかり。
前日のNYに続い朝も111円台でスタート。

朝方は利益確定の動きも見られ、111円台を維持できず、少し調整が入った。しかし110円90銭割れでは買いが入るなど地合いはかなり堅調。押し目は110円87銭にとどまっており、午後にも111円台を付け、昨日の高値を超えて111円13銭と、昨年12月以来の高値を付ける場面が見られた。最も売りも断続的に入ってきており、高値更新もドル買いは盛り上がらず揉み合い。

 ユーロは買い戻しが優勢に。朝方、前日海外市場からのユーロ売りドル買いの流れに1.1250近辺まで値を落としたユーロドルは1.1280台を回復した。直近の安値を割り込み、昨年11月以来の安値を付けたユーロドルであったが、同水準から売り込む勢いは見られず。

 そのほか目立ったのは豪ドルの買い。12時の中国貿易統計が強めに出たことで、中国の景気鈍化懸念が後退。豪州は対中輸出が経済の生命線となっているだけに、対中輸出拡大を期待される同指標結果に買いが強まり、対米ドルで朝方の0.7080台から0.7120台まで買いが入っている。

【ロンドン市場】ポンド安

 ポンドが値を落とす展開に。

 英下院でのEU離脱修正案をめぐる採決を前に、
混乱懸念での売りが広がった。

 MPC委員からの合意なき離脱の場合は利上げよりも利下げの可能性が高い発言なども重石。
ポンドドルはポイントの1.2800を一時割り込む動きに。

 ユーロも連れ安、東京市場で買いが目立った豪ドルも調整
ドル円は111円ばさみでの展開が続いた。
 
 

【NY市場】米小売りの弱さにドル売り

 米小売売上高が予想外に相当弱めとなり
ドル売りの動きが広がった。

 ドル円は111円ちょうど近辺から110円台半ばへ急落。
その後の戻りも110.80台までで再び下を試す頭の重い展開に。

 トランプ大統領が予算署名後非常事態宣言を行うとの報道も重石。

【本日の見通し】週末を前に調整

 週末を前に調整ムードが広がる展開に。
ドル円は110円を維持しての動きであれば地合いは継続。
非常事態宣言の可能性が強まる中で、
上値追いのリスクが意識されるところ。

 ドル円は110円台でのレンジ取引を中心に、
流れはまだ上方向という認識。

 欧州通貨はまだ軟調。
ユーロ圏の景気減速感が強く、買い戻しに慎重。
ポンドは3月末までそれほど余裕がない中で
混沌としてきた感が強い。
こちらも頭の重い展開か。

【本日の戦略】押し目買い

 流れはまだ上方向も突っ込んだ買いをさけたい。
ドル円は110円ちょうどに近いところを待ってみる手もありそう。
デイトレは早めの買いも持ちすぎず見切りも早め。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中