米株安がリスク警戒加速させ、ドル円は109円70銭台に

米株安がリスク警戒加速させ、ドル円は109円70銭台に

クロス円の売り厳しい。ユーロはロンドン市場で値を崩し
その後も売りが優勢に

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《3/22 金曜日》    
    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  110.82  1.1374  126.04
高値  110.90  1.1391  126.18
安値  109.74  1.1273  123.82
終値  109.92  1.1302  124.24

—+—+—+—+—+—+—+–+–
《3/22 金曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  21627.34 +18.42
DOW   25502.32 -460.19
S&P    2800.71 -54.17
Nasdaq  7642.67 -196.29
FTSE   7207.59 -147.72
DAX   11364.17 -185.79

—+—+—+—+—+—+—+–+–
《3/22 金曜日の商品市場》
NY原油先物5月限(WTI)(終値)
1バレル=59.04(-0.94 -1.57%)
ブレント先物5月限(ICE)(終値)
1バレル=67.03(-0.83 -1.22%)
NY金先物6 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1318.70(+5.10 +0.39%)

–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《3/22 金曜日に発表された主な経済指標》

【日本】
消費者物価指数(2月)08:30
結果 0.2%
予想 0.3% 前回 0.2%(前年比)
結果 0.7%
予想 0.8% 前回 0.8%(生鮮食料品除くコア・前年比)

景気動向指数(確報値)(1月)14:00
結果 95.6
予想  前回 95.9(景気先行指数)
結果 98.1
予想  前回 97.9(景気一致指数)

【ユーロ圏】
ドイツ製造業PMI・速報値(3月)17:30
結果 44.7
予想 48.0 前回 47.6

ドイツ非製造業PMI・速報値(3月)17:30
結果 54.9
予想 54.8 前回 55.3

ユーロ圏製造業PMI・速報値(3月)18:00
結果 47.6
予想 49.5 前回 49.3

ユーロ圏非製造業PMI・速報値(3月)18:00
結果 52.7
予想 52.7 前回 52.8

ユーロ圏経常収支(1月)18:00
結果 368億ユーロ
予想 N/A 前回 162億ユーロ(季調済)

【香港】
国際収支(第4四半期)17:30
結果 420.8億香港ドル
予想 N/A 前回 480.1億香港ドル(457.7億香港ドルから修正)(経常収支)
結果 240.0億香港ドル
予想 N/A 前回 -417.2億香港ドル(総額)

【カナダ】
消費者物価指数(2月)21:30
結果 0.7%
予想 0.6% 前回 0.1%(前月比)
結果 1.5%
予想 1.4% 前回 1.4%(前年比)

小売売上高(1月)21:30
結果 -0.3%
予想 0.4% 前回 -0.3%(-0.1%から修正)(前月比)
結果 0.1%
予想 0.1% 前回 -0.8%(-0.5%から修正)(前月比)

【米国】
中古住宅販売件数(2月)23:00
結果 551万件
予想 510万件 前回 493万件(494万件から修正)(中古住宅販売件数)

卸売在庫(速報値)(1月)23:00
結果 1.2%
予想 0.1% 前回 1.1%(前月比)

米国月次財政収支(2月)3:00
結果 -2340億ドル
予想 -2270億ドル 前回 -2152億ドル

–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《3/22 金曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【日本】
*麻生財務相
景気は緩やかに回復の認識で変わりない。
予定通り消費税を引き上げることで変わりない。

【米国】
*トランプ米大統領
米金融当局の決定に自分が影響を与えなかったことを願うが、影響を与えようが与えまいがどちらでもよい。
次期FRB理事にステファン・ムーサ氏指名を検討

*ステファン・ムーア次期FRB理事指名候補
指名を受諾する
私は成長にタカ派
安定したドルをサポート
FRBは安定して強い通貨を維持する
直近の米経済、若干のデフレに見える

*米大手石油ガス開発のベーカー・ヒューズ
今週の米国内の原油の掘削装置(リグ)稼動数は先週から9基減少して824基

【ユーロ圏】
*ドラギECB総裁
EU首脳らにリセッションの可能性は極めて低いと話した。
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【日本】
全産業活動指数(1月)13:30
予想 -0.4% 前回 -0.4%(前月比)

【シンガポール】
消費者物価指数(2月)14:00
予想 0.6% 前回 -0.3%(前月比)
予想 0.5% 前回 0.4%(前年比)

【ユーロ圏】
ドイツIfo景況感指数(3月)18:00
予想 98.6 前回 98.5

【NZ】
貿易収支(2月)26日6:45
予想 -2.00億NZドル 前回 -9.14億NZドル

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】小動き
 
 この時間は比較的小動き
ドル円は110円台後半推移。

 FOMC後のドル売り継続も、110円台では買いが出る流れに。

 ユーロドルは1.1380ばさみ
 
【ロンドン市場】ユーロ急落

 ユーロドルは1.1390近辺から1.12台へ急落した。
欧州の弱いPMIを嫌気した動き。
欧州景気の鈍化傾向が懸念された。

 ドル円はじり安の流れに。
世界的なリスク警戒の動きが円高を誘い、
ドル円は110円80銭近辺から110円台前半へ。

 14日までの期限延期が認められたポンドは対ドルで振幅も少し戻した。
一時1.1380近くまで。
米大手金融機関が合意なき離脱リスク拡大を発表するなど
警戒感が出ていたが、その後買い戻しに。
 
【NY市場】ドル円109円70銭台へ

 週末のNY市場でドル円はドル安円高の動きが加速した。
米国のPMIの弱さが世界的な景気鈍化懸念を誘う格好で、ドル円は110円80銭近辺の揉み合いから
ロンドン市場で110円台半ば割れ。
その後もドル売り円買いの動きが続き、110円近辺でいったん揉み合った後、
109円70銭台まで。

 週末ということもあり、安値からは一旦買い戻しも
110円10銭台までと戻りは鈍い。

 ロンドン市場で値を落としたユーロドルは
NY市場でもう一段下値を試し、1.1270台まで。
ドル全面高ではなく、リスク回避での円買いが主導する展開に。

 ユーロ円は126円台からロンドン市場で124円台まで。
NY市場では円高主導で123円台まで値を落とす大きな動きに。

 ドル買い新興国通貨売りの動きなども見られ
リスク警戒感が強い展開に。
ダウ平均が400ドルを超える下げとなるなど、
為替市場以外でもリスク警戒の動きが広がっている。

 ポンドはロンドン市場での1.3080近くの安値トライから
一転して買い戻しが優勢に。
週末を前に突っ込んだ動きを避けたいとの思惑が
ポンドの買い戻しに。
ブレグジット期限延長で目先の合意なき離脱が先送りされたことも大きい。

【本日の見通し】円高基調継続

 米中通商協議、英国のブレグジット問題など
リスク要因目白押しで、ドル円は戻りが鈍くなりそう。
米国の景況感悪化などが重石となる中、
英国、ユーロが冴えないとなると
流動性的にも円買いが強まる可能性が高そう。

 ドル円は108円がターゲット。
 
 ポンドは英議会動向をにらんでの動きとなりそう。
1.30割れで値を崩す可能性も意識しておきたい。

【本日の戦略】戻り売り

 ドル円は戻り売りも無理をせず。
中長期的には107円どころか105円も意識されるが
ある程度は振幅があるとみられる。 

 戻ったところを丁寧に売りに回りたい 
                                   
※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中