レンジ取引継続 ISM非製造業弱めも影響限定的

レンジ取引継続 ISM非製造業弱めも影響限定的

メイ首相、超党派での解決探る展開に

豪小売が強く一気の上昇も

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《4/3 水曜日》    
  ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  111.32  1.1204  124.73
高値  111.58  1.1255  125.45
安値  111.21  1.1201  124.61
終値  111.49  1.1233  125.23
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《4/3 水曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  21713.21 +207.90
DOW   26218.13 +39.00
S&P    2873.40 +6.16
Nasdaq  7895.55 +46.86
FTSE   7418.28 +27.16
DAX   11954.40 +199.61
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《4/3 水曜日の商品市場》
NY原油先物5月限(WTI)(終値)
1バレル=62.46(-0.12 -0.19%)
NY金先物6 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1295.30(-0.10 -0.01%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《4/3 水曜日に発表された主な経済指標》

【豪州】
貿易収支(2月)9:30
結果 48.01億豪ドル
予想 37.00億豪ドル 前回 45.49億豪ドル

小売売上高(2月)9:30
結果 0.8%
予想 0.3% 前回 0.1%(前月比)

【トルコ】
消費者物価指数(3月)16:00
結果 1.03%
予想 1.00% 前回 0.16%(前月比)
結果 19.71%
予想 19.63% 前回 19.67%(前年比)

ユーロ圏】
ドイツ非製造業PMI・確報値(3月)16:55
結果 55.4
予想 54.9 前回 54.9

ユーロ圏非製造業PMI・確報値(3月)16:00
結果 53.3
予想 52.7 前回 52.7

ユーロ圏小売売上高(2月)18:00
結果 0.4%
予想 0.3% 前回 0.9%(1.3%から修正)(前月比)
結果 2.8%
予想 2.3% 前回 2.2%(前年比)

【英国】
CIPS非製造業PMI(3月)17:30
結果 48.9
予想 50.9 前回 51.3

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(03/23 – 03/29)20:00
結果 18.6%
予想 N/A 前回 8.9%(前週比)

ADP雇用者数(3月)21:15
結果 12.9万人
予想 17.5万人 前回 19.7万人(18.3万人から修正)(前月比)

ISM非製造業景気指数(3月)23:00
結果 56.1
予想 58.0 前回 59.7

EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)23:30
原油 +723.8万(4億4952万)
ガソリン -178.1万(2億3684万)
留出油 -199.8万(1億2817万)
(クッシング地区)
原油   +20.1万(4713万)
*()は在庫総量

–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《4/3 水曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*トランプ大統領
米株式市場、高値を更新した22の記録がある。
2、3か月前は若干くらい状況も人為的だった、もうすぐ新たな記録が更新されるはず。

*WSJ
トランプ大統領がこの1週間で開かれた3つの会合でパウエル議長を批判した。
大統領はここにきて利下げを行うべきとの姿勢を示している。
一つの会合では議長を推薦したムニューシン財務長官に対する批判を行った。

*FT
米中当局者、貿易合意に向けた問題の大半を解消。
合意事項について中国側の履行を監視し、順守させるメカニズムについての問題が合意に対するポイント。
米国側は合意履行のための関税維持を望んでおり、中国は即時の関税撤廃を求めている。

【英国】
*テレグラフ
メイ首相が2日の閣議後の会見で期限の短期延長を求めた件、閣議での多数の反対意見を無視したもの。
閣議では期限延長に賛成が10名、反対が14名と反対者多数となっていた。
主な反対者は
フォックス国際貿易相、ウィリアムソン国防相、ジャビド内相、
レッドソム下院院内総務、ハント外相、ルイス保守党幹事長
主な賛成者はハモンド財務相、ガーク司法相、クラーク民間企業相、
ラッド雇用・年金相、ゴーブ環境・食料・農村相、コックス法務長官

*バークレイ英EU離脱相
合意なき離脱の可能性、4月10日にEUが離脱延期を拒否すれば。

*カーニー英中銀総裁
英スカイニュースでのインタビュー。
合意なき離脱のリスクは警戒するほど高い。
金融セクターは合意なき離脱の可能性を懸念してない。
非関税はナンセンス。実行するべき。
2020年1月の任期以降は英中銀に留まらない。

*英労働党コービン党首
メイ首相との会談後の英ミラー紙でのインタビュー。
非常に良い会談だった。
直ぐにもう一度会談を行うだろう。

*英労働党
メイ首相とのEU離脱協議は建設的で今後も継続する。

【その他】
*ベネズエラ制憲議会
暫定大統領就任を宣言しているグアイド国会議長に対して、議員不逮捕特権を剥奪する決議を可決した。
1月22日以降の全国的な混乱・暴力の扇動と、最高裁の出国禁止令に違反したことなどがはく奪の理由に。

【ユーロ圏】
*クルツ・オーストリア首相
現状では英離脱期限延長の正当な理由はない。
英国の「カオス」状態には変化はみられていない。
もし英議会の状況に変化があれば、EU指導者は延長について検討できる。
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【ユーロ圏】
ドイツ製造業受注(2月)15:00
予想 0.3% 前回 -2.6%(前月比)
予想 -3.1% 前回 -3.9%(前年比)

【インド】
インド中銀政策金利 15:15
予想 6.00% 現行 6.25%

【米国】
新規失業保険申請件数(30日までの週)21:30
予想 21.6万件 前回 21.1万件

【カナダ】
Ivey購買担当者景況感指数(3月)23:00
予想 N/A 前回 50.6

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】米中通商協議の進展期待で円安進行

ドル円は一時111円53銭を付ける動きとなった。英紙が米中通商協議について、ほとんどの問題で合意しており、合意履行プロセスで合意出来ていないと報道。合意締結が近いという印象を市場に与えたことで、一気にリスク選好の動きに。
 ドル円は頭を抑えていた111円台半ば手前の売りをこなして、111円53銭を付けたが、ここからの買いには慎重な動き。その後はやや調整が入るも、111円35銭を付けきれないなど、地合いは堅調。
 クロス円も基本しっかりで、ユーロ円は125円20銭を付ける動き。
 
 最も目立ったのは豪ドル円の上昇。米中通商協議の進展期待が、対中輸出が経済の大きな位置を占める豪ドルの買い材料になったことに加え、9時半の豪小売売上高の予想を大きく超える好結果が豪ドル買いに。対円で朝方の78円50銭近辺から79円30銭近辺までの大幅上昇となった。

【ロンドン市場】欧州非製造業PMI好結果

 欧州の非製造業PMIの改善などが好感されて堅調地合いを維持も
ドル円の111円台半ばからの買いには慎重。
東京市場の高値を超えたものの、そこからの買いは続かず。
クロス円もしっかりとなったが、突っ込んだ買いは手控えられた。
英非製造業PMIが国民投票直後の2016年7月以来の50割れとなり
ややポンド売りの動きも。
ポンドドルは1.32手前から1.31台前半へ。

【NY市場】もみあい

 流れは継続も、突っ込んだ買いには慎重。
米中通商協議が再開しており期待感が広がっているが、
上値を買う動きには慎重。

 金曜日の米雇用統計待ちの面があるが
ADP、ISM非製造業と弱めに出たことで
若干の慎重姿勢も。
もっとも調整は111円30銭台までとしっかり。

【本日の見通し】ブレグジット期待

 米中通商協議の進展期待が継続。
合意に至る可能性も意識されているが
今回のワシントンでの協議は5日まで予定されており
今日のところで新しい材料が出る可能性は低い。

 また、明日は米雇用統計を控えており
好結果期待も事前で買い上げるだけの勢いは見られない。

 昨日はメイ首相と最大野党労働党のコービー党首の会談が行われた、
与党造反者の動向から与党勢力だけでのEU離脱協定過半数確保が難しいだけに
こうした動きはポンドにとっては大きな買い材料に。
どこまでこうした流れが続くかは微妙も、ポンド買いに期待感

【本日の戦略】押し目買い

 雇用統計まで大きな買いは難しい可能性も
基調は上方向。下がったところではしっかりと買いを入れてみたい。
大台割れでストップ。
ターゲットは112円超え。
デイトレも買いからの回転111円台半ばばさみ。                              
※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中