<選挙特集>豪連邦議会総選挙

18日に豪連邦議会の総選挙が行われる。
上院の約半数、下院のすべての議席が争われる。
首相は下院の投票で過半数を確保した議員となるため、
下院の選挙により注目が集まる。

今週行われた調査会社3社による世論調査は
数字にある程度の違いがあれど
いずれも1位人気では与党保守連合(自由党、国民党、自由国民連合)がトップに立っている。
しかし、豪選挙は少し特殊で
重要なのは二党間選挙となった場合の支持率。
このTPP方式での支持率では
3つの調査とも野党労働党がリードしており、
そのまま6年ぶりの政権交代の可能性が高い。

※豪下院選挙
小選挙区制で一人を選ぶのではなく、候補者に順位付けをする。
最初の投票で過半数を確保する候補がいなかった場合
最低得票だった候補者の票について
二番目として選択された候補の票とする。
以下、合計で過半数を超える候補が出るまで続ける。
結果的にごく一部を除いて保守連合と労働党の一騎打ちとなる。
その為、この二つのうちではどっちがいいですかという調査が重要になる。

財政赤字削減を進め、今年は財政黒字が実現しそうな状況だけに
このタイミングでの政権交代は市場の懸念を誘う可能性。
ただし、労働党は保守連合以上の財政改革を選挙戦の中で示しており
どこまで警戒感が広がるかは未知数。
週明けの豪市場に要注意。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中