米指標強めでドル買いも積極的な買いにも慎重

米指標強めでドル買いも積極的な買いにも慎重

中東情勢緊迫化などが重石

豪総選挙は事前見通しに反し与党勝利へ
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《5/17 金曜日》    
    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  109.85  1.1174  122.75
高値  110.19  1.1184  123.00
安値  109.50  1.1155  122.28
終値  110.08  1.1158  122.80
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《5/17 金曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  21250.09 +187.11
DOW   25764.00 -98.68
S&P    2859.53 -16.79
Nasdaq  7816.29 -81.76
FTSE   7348.62 -4.89
DAX   12238.94 -71.43
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《5/17 金曜日の商品市場》
NY原油先物6月限(WTI)(終値)
1バレル=62.76(-0.11 -0.17%)
NY金先物6 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1275.70(-10.50 -0.82%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《5/17 金曜日に発表された主な経済指標》

【NZ】
生産者物価指数(第1四半期)7:45
結果 -0.5%
予想 N/A 前回 0.7%(0.8%から修正)(前期比)

【日本】
第3次産業活動指数(3月)13:30
結果 -0.4%
予想 0.1% 前回 -0.6%(前月比)

ユーロ圏】
ユーロ圏消費者物価指数・確報値(4月)18:00
結果 1.3%
予想 1.2% 前回 1.2%(コア・前年比)
結果 0.7%
予想 0.7% 前回 1.0%(前月比)
結果 1.7%
予想 1.7% 前回 1.7%(前年比)

【米国】
ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)(5月)23:00
結果 102.4
予想 97.2 前回 97.2

景気先行指数(4月)23:00
結果 0.2%
予想 0.2% 前回 0.3%(0.4%から修正)(前月比)
–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《5/17 金曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【日本】
*麻生財務相
米中貿易摩擦、簡単にいかないと前から申し上げている。
日本にも少なからず影響が出てくることは確か。
MMT、日銀がやっているのはMMTではなくデフレ不況への対応。
需要がないのが今の経済の問題。
日本でもMMTの実験をするつもりはない。
自動車の数量制限について米政府から公表されている訳ではない。

*茂木経済再生相
自動車の輸出数量制限報道を受けて、ライトハイザーUSTR代表に確認をとった。
日本としては自由で公正な貿易を歪曲する措置は反対と米側には繰り返し伝えている。
そういった措置について、とることはないという答えだった。

*世耕経済産業相
米国のファーウェイに対する措置、日本企業の影響を注視するとした。

【米国】
*サンダース報道官
米中首脳会談、米政府はなお計画を詰めている。
正式な協議になるか、非公式な話し合いの機会とするか、まだ協議中。

*トランプ大統領
中国との貿易協議で農家は私を支持している。
EUによる米国への脅威は中国よりも悪い。
ファニーメイフレディマックはかなり良くなっている。

ホワイトハウス
・FRB理事候補にカン運輸次官を検討。

*米商務省
ファーウェイに対する一部取引の停止、17日に発効する。
今回の措置は対中協議の一環ではなく執行措置。

*米農務省
米国産豚肉3247トンの購入を先週取りやめ。
米国産の大豆と綿花、ソルガムなどの買い入れも限定的な量にとどまった。
米国の先週の大豆販売はネットベースで計67万4300トン、そのうち中国の購入分は5100トン。

*トランプ米政権
トルコからの鉄鋼輸入に対する関税率を従来の50%から25%に引き下げ。

*トランプ米大統領
EUおよび日本に対する自動車関税を少なくとも180日間延期。

【中国】
*中国国営メディア論評掲載
中国は今のところ、米国との交渉継続に興味ない。
トランプ大統領のアプローチに誠意がほとんど感じられない。

【カナダ】
*ポロズ・カナダ中銀総裁
金利が若干高めに動くのは自然の傾向。
この先の利上げの幅や時期については未知数。
労働市場は真実のカナダ経済を示している。
2期目については選択肢の一つ。

【ユーロ圏】
*EUは限定的な貿易交渉の用意
米国と車を含めた限定的な貿易交渉を行う用意がある。
米国と建設的な取り組みを続けている。
EUの商品には安全保障上の脅威はない。
貿易戦争に突入することは両者とも利益にはならない。

【その他】
*イラン副大統領
トランプ政権が当初の立場に戻りイラン核合意に復帰し経済制裁を解除すれば協議を検討する可能性。
協定は明確な枠組みでありイランが核兵器を追求しないという、米国大統領の要望に合致。

【英国】
*英首相報道官
労働党との話し合いは合意できず決裂した。

*コービン英労働党党首
離脱に関する与野党協議は我々にできることからはるかにかけ離れてしまった。
保守党による新たな指導者選びの動きは政府の威信をむしばんでいる。
メイ首相の離脱合意案に反対する。
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【英国】
ライトムーブ住宅価格(5月)8:01
予想 N/A 前回 1.1%(前月比)
予想 N/A 前回 -0.1%(前年比)

【日本】
GDP・1次速報値(第1四半期)8:50
予想 -0.1% 前回 0.5%(前期比)
予想 -0.3% 前回 1.9%(前期比年比)

GDPデフレータ・1次速報値(第1四半期)8:50
予想 0.2% 前回 -0.3%(前年比)

鉱工業生産・確報値(3月)13:30
予想 N/A 前回 -0.9%(前月比)
予想 N/A 前回 -4.6%(前年比)

設備稼働率(3月)13:30
予想 N/A 前回 1.0%(前月比)

【ユーロ圏】
ドイツ生産者物価指数(4月)15:00
予想 0.4% 前回 -0.1%(前月比)
予想 2.5% 前回 2.4%(前年比)

ユーロ圏経常収支(3月)17:00
予想 N/A 前回 268億ユーロ(季調済)

【香港】
失業率(4月)17:30
予想 2.8% 前回 2.8%

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】中国メディア報道で円高

 ドル円は109円60銭台まで値を落としている。午前中はドル買い円売りが優勢となった昨日の海外市場の流れを引き継ぐ形でしっかりとした展開に。日経平均の大幅上昇などにも支えられて、110円だいをつける場面もみられた。大台は維持できず少し下げてもみ合いとなると、午後には中国メディアが「中国は今のところ、米国との貿易交渉を継続することに興味がないかもしれない、誠意がほとんど感じられない」との論評を発表。リスク警戒の動きが広がってドル売り円買いが強まった。

【ロンドン市場】クロス円主導でやや円高

 クロス円主導での円高進行。
欧州株、米国株先物などの売りが目立ちリスク警戒の動き。
イタリアのサルビーニ副首相による反EU姿勢強調の動きなども重石。
また、英政府が労働党との協議が決裂したことを確認。こちらもポンド売り円買いに。

【NY市場】ドル円110円台回復

 ドル円は110円台を回復し、週末を前に円高一服となった。
ミシガン大学消費者信頼感死すが2004年1月以来という好結果を記録し、
200ドル超の下げとなっていたダウ平均が一時プラスに転じるなどの動きを見せ
ドル円は110円台を回復する動きに。
一時110円20銭近辺まで上昇も
週末を前に積極的な買いにも慎重姿勢で少し戻して週の取引を終えている。

【本日の見通し】リスク警戒継続

 米中関係の動向などをにらみながらの展開が続く中
中東情勢の緊迫かという新しいリスク要因も。
先週末に米国はイラク駐在の米国大使館員などの多くに帰国を命令。
米国とイランとの関係が悪化する中、イランとの関係が深いイラクでも警戒態勢を強めた。
また、週末にはイラクの米国大使館の近くでロケット弾が着弾などのニュースもあり
警戒感が強まっている。

 こうした中、ドル円、クロス円はやや頭の重い展開に。

 もっとも豪ドルは週末の選挙を受けて買いが優勢に。
与党の情勢は直前までかなり悲観的に見られていたが
蓋を開けると大逆転勝利となり、豪ドルの買い材料に。
今年の財政収支黒字化が見込まれるなど
財政改革を進める現与党に対する市場の信頼度は高いだけに
豪ドルは中期的にこの選挙結果が買い材料に。

【本日の戦略】もみあい

 もみ合いからの流れ待ち。
下方向のリスクが依然強いという印象で
戻ったところでは売りに回りたい。
110円台半ばまでは売り上がりの印象。超えるとストップ。
                              
※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中