雇用統計まさかの弱さで一時107円80銭台

雇用統計まさかの弱さで一時107円80銭台

早期利下げ期待がさらに強まる展開に

週末メキシコからの全輸入品に対する関税について米国が無期限延期で
週明けはドル高円安スタート

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《6/7 金曜日》    
   ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  108.41  1.1276  122.23
高値  108.62  1.1348  122.72
安値  107.88  1.1251  122.10
終値  108.19  1.1334  122.62
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《6/7 金曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  20884.71 +110.67
DOW   25983.94 +263.28
S&P    2873.34 +29.85
Nasdaq  7742.10 +126.55
FTSE   7331.94 +72.09
DAX   12045.38 +92.24
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《6/7 金曜日の商品市場》
NY原油先物7月限(WTI)(終値)
1バレル=53.99(+1.40 +2.66%)
NY金先物8 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1346.10(+3.40 +0.25%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《6/7 金曜日に発表された主な経済指標》

【日本】
景気先行指数・速報値(4月)14:00
結果 95.5
予想 95.8 前回 95.9

景気一致指数・速報値(4月)14:00
結果 101.9
予想 100.2 前回 99.4

【スイス】
雇用統計(5月)14:45
結果 2.3%
予想 2.3% 前回 2.4%(失業率(季調前))
結果 2.4%
予想 2.4% 前回 2.4%(失業率(季調済))

ユーロ圏】
鉱工業生産指数(4月)15:00
結果 -1.9%
予想 -0.5% 前回 0.5%(前月比)
結果 -1.8%
予想 -0.4% 前回 -0.9%(前年比)

ドイツ貿易収支(4月)15:00
結果 179億ユーロ
予想 195億ユーロ 前回 226億ユーロ(227億ユーロから修正)(貿易収支)

ドイツ経常収支(4月)15:00
結果 226億ユーロ
予想  前回 309億ユーロ(302億ユーロから修正)(経常収支)

【英国】
HBOS住宅価格(5月)16:30
結果 0.5%
予想 0.0% 前回 1.2%(1.1%から修正)(前月比)

【カナダ】
雇用統計(5月)21:30
結果 2.77万人
予想 0.50万人 前回 10.65万人(雇用者数)
結果 5.4%
予想 5.7% 前回 5.7%(失業率)

設備稼働率(2019年第1四半期)21:30
結果 80.9%
予想 81.0% 前回 81.8%(81.7%から修正)(設備稼働率)

【米国】
雇用統計(5月)21:30
結果 7.5万人
予想 17.5万人 前回 22.4万人(26.3万人から修正)(非農業部門雇用者数)
結果 3.6%
予想 3.6% 前回 3.6%(失業率)

民間部門雇用者数
結果 9.0万人
予想 17.4万人 前回 20.5万人(23.6万人から修正)

製造業雇用者数
結果 0.3万人
予想 0.3万人 前回 0.5万人(0.4万人から修正)

平均時給
結果 0.2%
予想 0.3% 前回 0.2%(前月比)
結果 3.1%
予想 3.2% 前回 3.2%(前年比)

週平均労働時間
結果 34.4
予想 34.5 前回 34.4

労働参加率
結果 62.8%
予想 N/A 前回 62.8%

卸売在庫(確報値)(4月)23:00
結果 0.8%
予想 0.7% 前回 0.7%(前月比)
–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《6/7 金曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*トランプ大統領
メキシコは米国を必要としているが、米国は彼らが必要ではない。
中国からの合意を必ず引き出す。
中国は取引を従っている。
米金融当局は率直に言って利下げするべきだった。
利上げが無ければ米株かは10000ポイント高かった。

【中国】
*易中国人民銀行総裁
週末のG20でムニューシン財務長官と通商問題について話すことは難しくなった。
人民元は平衡水準付近で安定し続けている。
貿易戦争は一時的に人民元に負の影響。
貿易戦争が悪化しても中国は多くの政策余地。

【メキシコ】
*エブラルド外相
米国とメキシコの交渉は前進しているが合意はまだ、交渉は7日も継続。

*格付けフィッチ
メキシコ石油公社(ぺメックス)の格付けを一段階引き下げ、ジャンク級BB+にした。
格付け見通しはネガティブ。
同社のスタンドアローン信用格付けがさらに悪化しCCCを下回る可能性がある。

【トルコ】
*アルバヤク経済相
9月には一けた台のインフレとなる。

【英国】
*英中銀インフレ期待調査
1年後インフレ期待は3.1%(2月時点3.2%)
2年後インフレ期待は3.0%(2月時点2.9%)
5年後インフレ期待は3.8%(2月時点3.4%)・・・10年以上前からの高水準
今後1年で49%が利上げ見込む(2月時点47%)
英中銀に対する満足度は+29(2月時点+26)

*英首相報道官
メイ首相は残りの就任期間に国内の課題に専念する。

【ユーロ圏】
*ショルツ独財務相
バイトマン氏は次期ECB総裁の良き候補者。

*バイトマン独連銀総裁
フォワードガイダンスの延長は適切。

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【日本】
GDP・2次速報値(第1四半期)8:50
予想 0.6% 前回 0.5%(前期比)
予想 2.2% 前回 2.1%(前期比年率)

GDPデフレータ・2次速報値(第1四半期)8:50
予想 0.2% 前回 0.2%(前年比)

国際収支(4月)8:50
予想 118億円 前回 7001億円(貿易収支)
予想 15151億円 前回 28479億円(経常収支)
予想 14448億円 前回 12710億円(経常収支・季調済)

【英国】
鉱工業生産(4月)17:30
予想 -0.7% 前回 0.7%(前月比)
予想 1.0% 前回 1.3%(前年比)

製造業生産高(4月)17:30
予想 -0.8% 前回 0.9%(前月比)
予想 2.4% 前回 2.6%(前年比)

商品貿易収支(4月)17:30
予想 -127.00億ポンド 前回 -136.50億ポンド

【カナダ】
住宅着工件数(5月)21:15
予想 N/A 前回 23.55万件

住宅建設許可(4月)21:30
予想 N/A 前回 2.1%(前月比)

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】雇用統計控え動き限定的

 ドル円は108円台半ば前後での推移が続いた。米政府がメキシコとの関税実施の先送りを検討との報道でNY市場でドル高が進んだ後、ペンス副大統領が協議は継続中で現状のままだと月曜日に関税を実施と発言したこともあり、朝方は若干のドル売り円買い。もっとも108円30銭台までと下値は限定的に。その後、月曜日までの協議である程度まとまるのではとの期待感もあって値を戻し、その後はもみ合いに。
 今晩の雇用統計、週末のG20財務相・中央銀行総裁会議などを前に様子見ムードが広がった面も。
 その他通貨も基本的には様子見。若干ドル買いの動きが見られユーロドルは1.1280近辺から1.1262まで。本日メイ首相が辞任するポンドも1.2712近辺から1.2689までの下げに。

【ロンドン市場】欧州株しっかり

 基本的には雇用統計待ち。
ドル円はもみ合いの中、好結果期待もあって108.62近辺と東京の高値を更新。
メイ首相の辞任は予定通りで波乱なし。
英中銀インフレ見通しで1年後期待が後退、
1年間での利上げ見通しが47%から49%に引き上げられ
ポンドは比較的しっかり。

【NY市場】雇用統計がまさかの弱さ
  
 雇用統計はかなり弱い結果に。
非農業部門雇用者数が前月比+7.5万人と
予想の+18.5万人を大きく下回った。前回値も下方修正。
失業率は予想通りも平均時給が予想を下回るなどその他も弱めの数字に。
ドル連は108円50銭前後から一気に108円割れまで。
その後少し値を戻したが108.20円近辺での推移で週の取引を終えた。

【本日の見通し】米国とメキシコの合意を好感

 月曜日から賦課が予定されていたメキシコからの全輸入品に対する関税について
米国は無期限先送りを発表した。
両国で一定の合意ができたことを受けての者。
メキシコは南部国境警備の充足や、米国へ流入した不法移民をいったんメキシコへ移送することなどで合意。

 週明けはこの流れをうけていったんドル高円安に。
先週末の米雇用統計の弱さでも
ポイントの107円80銭を割り込めず
下値しっかり感が出ている面も。

 今日は108円台でのもみ合いから次の方向性を探る展開。
懸念材料が一つクリアされたことは大きいが
今回に雇用統計を受けて今月のFOMCでの利下げ期待まで強まっており
ドルの頭は重そう。

【本日の戦略】レンジ意識も戻り売り

 目先はしっかりの印象。
デイトレならば買いからも。
107円80銭のサポートが依然かなり強い。
割れたらストップの意識で下がると買いも。
もっとも基調はまだ下で
基本は戻り売りか。
米国の早期利下げ期待がかなり強く、
基本的にはドル売り円買いを意識。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中