米中首脳会談期待で一時108円台まで上昇も、その後調整

米中首脳会談期待で一時108円台まで上昇も、その後調整

合意に向けた前向きな階段を期待も、溝はまだ大きいとの見方も

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《6/27 木曜日》
  ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  107.79  1.1369  122.55
高値  108.16  1.1381  122.89
安値  107.65  1.1348  122.40
終値  107.79  1.1369  122.55
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《6/27 木曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  21338.17 +251.58
DOW   26526.58 -10.24
S&P    2924.92 +11.14
Nasdaq  7967.76 +57.79
FTSE   7402.33 -14.06
DAX   12271.03 +25.71
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《6/27 木曜日の商品市場》
NY原油先物8月限(WTI)(終値)
1バレル=59.43(+0.05 +0.08%)
NY金先物8 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1412.00(-3.40 -0.24%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《6/27 木曜日に発表された主な経済指標》

【ユーロ圏】
ユーロ圏業況判断指数(6月)18:00
結果 0.17
予想 0.27 前回 0.30

ユーロ圏消費者信頼感・確報値(6月)18:00
結果 -7.2
予想 -7.2 前回 -7.2

消費者物価指数(速報)(6月)21:00
結果 0.3%
予想 0.2% 前回 0.2%(前月比)
結果 1.6%
予想 1.4% 前回 1.4%(前年比)

調和消費者物価指数(速報)(6月)21:00
結果 0.1%
予想 0.1% 前回 0.3%(前月比)
結果 1.3%
予想 1.3% 前回 1.3%(前年比)

【南アフリカ】
生産者物価指数(5月)18:30
結果 6.4%
予想 6.4% 前回 6.5%(前年比)
結果 0.5%
予想 0.5% 前回 1.3%(前月比)

【米国】
実質GDP(確報値)(2019年第1四半期)21:30
結果 3.1%
予想 3.2% 前回 3.1%(実質GDP)
結果 0.9%
予想 1.3% 前回 1.3%(個人消費)
結果 0.9%
予想 0.8% 前回 0.8%(GDPデフレータ)
結果 1.2%
予想 1.0% 前回 1.0%(PCEコアデフレータ)

新規失業保険申請件数(06/16 – 06/22)21:30
結果 22.7万件
予想 22.0万件 前回 21.7万件(21.6万件から修正)(前週比)

中古住宅販売成約指数(5月)23:00
結果 1.1%
予想 1.0% 前回 -1.5%(前月比)

–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《6/27 木曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*ホワイトハウス
トランプ米大統領と中国習近平国家主席の会談は29日午前11時半に開催。
トランプ米大統領とプーチン露大統領の会談は28日午後2時に開催。
トランプ米大統領はサウジ皇太子と29日に朝食交え会談を行う。

*トランプ米大統領
FRB議長にはFRB内部の人間ではなくドラギ総裁を据えるべき。
パウエル議長はいい仕事をしていない。
降格させる権限が私にはある。
解任する権限がある。
こうした行動をとる示唆したことは一度もない。
日米安全保障条約は片務的な取り決め。
日本が攻撃されれば第三次世界大戦に参戦し、米国民の命を懸けて日本を守る。
いかなる犠牲を払ってもわれわれは戦う。
だが米国が攻撃されても、日本にはわれわれを助ける必要がない、ソニー製のテレビで見るだけだ。

*ロス米商務長官
米中通商協議が不調に終わった場合のトランプ大統領による関税賦課の警告ははったりではない。
交渉で最も難しい部分は合意の履行と応じない場合の罰則である。

*米7年債入札結果
最高落札利回り 1.889%(WI:1.891%)
応札倍率    2.44倍(前回:2.30倍)

*クドロー米国家経済会議(NEC)委員長
米国は構造改革を伴った強力な中国との合意を要望。
中国への追加関税を米国は進める可能性ある。
市場はFRBに利下げを要請している。
自身も市場の見方に賛同。

*デーリー・サンフランシスコ連銀総裁
利下げの必要性やその規模に言及するのは時期尚早。
市場はFRBの反応機能について考えようとしている。
弱いインフレと雇用の指標があった。
弱い指標が一時的かどうかを確認する必要。
市場の情報も見るが他の情報も見る。
市場が正しいかどうかは言及しない。
関税は最終消費財にさほど転嫁してない。

【中国】
*香港紙SCMP
米中は貿易戦争を一時休戦で合意した。

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【韓国】
鉱工業生産(5月)8:00
予想 -0.6% 前回 1.6%(前月比)

【英国】
GFK消費者信頼感(6月)8:01
予想 -11 前回 -10

【日本】
失業率(5月)8:30
予想 2.4% 前回 2.4%

有効求人倍率(5月)8:30
予想 1.63 前回 1.63

鉱工業生産・速報値(5月)8:50
予想 0.7% 前回 0.6%(前月比)
予想 -2.9% 前回 -1.1%(前年比)

【スイス】
KOF先行指数(6月)16:00
予想 94.8 前回 94.4

【英国】
GDP・確報値(第1四半期)17:30
予想 0.5% 前回 0.5%(前期比)
予想 1.8% 前回 1.8%(前年比)

経常収支(第1四半期)17:30
予想 -320億ポンド 前回 -237億ポンド

【ユーロ圏】
ユーロ圏消費者物価指数・速報値(6月)18:00
予想 1.2% 前回 1.2%(前年比)
予想 1.0% 前回 0.8%(コア・前年比)

【南アフリカ】
貿易収支(5月)21:00
予想 7億ランド 前回 -34億ランド

【ブラジル】
失業率(5月)21:00
予想 12.3% 前回 12.5%

【カナダ】
GDP(4月)21:30
予想 0.2% 前回 0.5%(前月比)

鉱工業製品価格(5月)21:30
予想 -0.1% 前回 0.8%(前月比)

原材料価格指数(5月)21:30
予想 -3.0% 前回 5.6%(前月比)

【米国】
個人所得(5月)21:30
予想 0.3% 前回 0.5%(前月比)

個人支出(5月)21:30
予想 0.5% 前回 0.3%(前月比)

PCEデフレータ(5月)21:30
予想 1.5% 前回 1.5%(前月比)

PCEコアデフレータ(5月)21:30
予想 0.2% 前回 0.2%(前月比)
予想 1.5% 前回 1.6%(前年比)

シカゴ購買部協会景気指数(6月)22:45
予想 53.5 前回 54.2

ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値(6月)23:00
予想 97.9 前回 97.9

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】香港紙報道で108円台に

 ドル円は108円台に乗せる動きとなった。香港紙が米中貿易戦争一時休戦と報じたこともあり、ドル円107円70銭台から一気に108円台に。いったん108円ばさみでもみ合った後、午後も買いが続いて108円13銭まで上値を伸ばした。
 昨日のムニューシン財務長官による米中通商交渉は90%程度合意に近づいていた。などの発言を受けて米中首脳会談への期待感が高まっているところに、一時休戦報道が出たことで、市場の反応が大きめのものとなった。
 リスク警戒感の後退を誘う格好でユーロ円、豪ドル円などのクロス円もしっかり。
 ユーロドルは1.1370台から1.1350割れまでと、ドル円以外でもドル買いの動き。

【ロンドン市場】円売り一服

 朝方は東京市場の流れをうけて108円台も、その後ドル売りに。
中国が貿易戦争収束条件として制裁関税やファーウェイへの禁輸措置撤回を要求と伝わり
警戒感が広がった。

 G20サミットを前に突っ込んだ買いに慎重姿勢も。

 ドル円は107円台後半取引、ユーロ円などのクロス円にも調整が目立つ展開に。

【NY市場】ドル円は107円台後半もみ合い

 ドル円は107円台後半でもみ合った。
ロンドン市場で調整が入り、NY市場午前もその流れで107円60銭台まで。
もっとも、107円50銭手前の買いが残っており、
NY午後は様子見ムード。

 米中首脳会談を29日に控えており、突っ込んだ動きを避けたい意向も。

【本日の見通し】米中首脳会談を控え動きとりにくい

 注目の米中首脳会談は明日行われる。
週明けの取引をにらむ展開となり、今日の間は積極的な取引を手控える動きが広がりそう。
基本はポジション調整、
直前で期待感が広がる場面も、
交渉決裂の可能性もそれなりに高く、
ポジションを控える展開となりそう。

 これまでのドル売りに対しては昨日の108円台までの調整である程度整理が進んでおり
基本的には107円台でのレンジ取引か。
目先107.50手前の買いがどこまでしっかりしているのかがポイントに。

【本日の戦略】無理をせず

 
 週末の米中首脳会談結果次第で来週のシナリオが大きく変わる
今日のうちは基本的に無理をせず
スウィングは様子見
デイトレはレンジ決め打ち。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅

山岡和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中