ドル安円高強まり、ドル円は107円台に

ドル安円高強まり、ドル円は107円台に

米大幅利下げ期待が継続し、ドル売りに

ネットフリックスが決算受けて時間外で大幅安
リスク警戒の動きを誘う
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/17 水曜日》
ドル円  ユーロドル ユーロ円
始値  108.25  1.1211  121.35
高値  108.33  1.1233  121.49
安値  107.94  1.1200  121.16
終値  107.95  1.1224  121.16
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/17 水曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  21469.18 -66.07
DOW   27219.85 -115.78
S&P    2984.42 -19.62
Nasdaq  8185.21 -37.59
FTSE   7535.46 -41.74
DAX   12341.03 -89.94
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/17 水曜日の商品市場》
NY原油先物8月限(WTI)(終値)
1バレル=56.78(-0.84 -1.46%)
NY金先物8 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1423.30(+12.10 +0.86%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《7/17 水曜日に発表された主な経済指標》

【英国】
消費者物価指数(6月)17:30
結果 0.0%
予想 0.0% 前回 0.3%(前月比)
結果 2.0%
予想 2.0% 前回 2.0%(前年比)
結果 1.8%
予想 1.8% 前回 1.7%(コア・前年比)
 
小売物価指数(6月)17:30
結果 0.1%
予想 0.1% 前回 0.3%(前月比)
結果 2.9%
予想 2.9% 前回 3.0%(前年比)
結果 2.8%
予想 2.9% 前回 3.0%(前年比・除くモーゲージ利払い)
 
生産者物価指数(6月)17:30
結果 -1.4%
予想 -0.5% 前回 0.0%(仕入・前月比)
結果 -0.3%
予想 0.3% 前回 1.4%(1.3%から修正)(仕入・前年比)
結果 -0.1%
予想 0.1% 前回 0.3%(出荷・前月比)
結果 1.6%
予想 1.7% 前回 1.9%(1.8%から修正)(出荷・前年比)
結果 0.1%
予想 0.1% 前回 0.1%(出荷・コア・前月比)
結果 1.7%
予想 1.7% 前回 2.0%(出荷・コア・前年比)
 
【ユーロ圏】
ユーロ圏消費者物価指数・確報値(6月)18:00
予想 0.1% 前回 0.1%(前月比)
予想 1.2% 前回 1.2%(前年比)
予想 1.1% 前回 1.1%(コア・前年比)

【南アフリカ】
小売売上高(5月)20:00
結果 2.2%
予想 1.7% 前回 2.7%(2.4%から修正)(前年比)

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(07/06 – 07/12)20:00
結果 -1.1%
予想 N/A 前回 -2.4%(前週比)

住宅着工件数(6月)21:30
結果 125.3万件
予想 126.0万件 前回 126.5万件(126.9万件から修正)(住宅着工件数)
結果 122.0万件
予想 130.0万件 前回 129.9万件(129.4万件から修正)(住宅建築許可件数)

【カナダ】
消費者物価指数(6月)21:30
結果 -0.2%
予想 -0.3% 前回 0.4%(前月比)
結果 2.0%
予想 2.0% 前回 2.4%(前年比)

–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《7/17 水曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【日本】
*格付け会社フィッチ
日本の格付け「A」を確認、見通しは「安定的」

*ロイター
日米が農業と自動車部門を含む小規模な通商協定の締結に向けた動きを進めている。
9月の安倍首相の訪米で合意に至る可能性。
議論は流動的。

*黒田日銀総裁 
世界経済先行き色々な下方リスクある。
世界経済、基本的には緩やかに成長している。
日本経済、内需しっかりしている。
仮にモメンタム損なわれれば迅速に追加緩和を検討。
基本的に日本経済は緩やかに成長していく。
リブラで大きな影響出る可能性。
各国と規制を考えていく必要。

【その他】
*イラン・ザリフ外相
トランプ大統領は平和の促進の関心がない者たちに助言を受けている。
自分の持つアジェンダの進行に意欲的な人々だ。

【ユーロ圏】
*クーレECB理事、
経済データ、調査などが第2、3四半期成長の弱さ示す。
ECBはあらゆる手段による調整を適切に行う用意。
インフレ目標に向けた動きを確かなものにする必要。
ユーロ圏成長見通しは引き続き下方にシフトしている。
基調インフレは中期的に上昇すること期待。

【米国】
*米地区連銀報告(ベージュブック)
景気は緩やかなペースで拡大。前回とほぼ変わらず。
貿易巡る不確実性の悪影響の広範な拡大を懸念。
個人消費は若干上昇。自動車は横ばい。サービスは上昇。
住宅販売は上昇。住宅建設は横ばい。
全体的にローン需要が増加。
インフレは安定から若干下向きに。
価格決定力は弱い。
製造業は横ばい。少数の地区は若干の上振れを確認。

*ジョージ・カンザスシティ連銀総裁
自然失業率が低下している可能性。
失業率の改善がインフレに転嫁していない。
引き続き経済はトレンド付近での推移を見込む。
貿易、関税、世界経済が見通しに対するリスク。
リスクに基づいて見解を調整する準備をしている。
世界経済の減速が米経済を下向きにさせている。
経済指標は非常に良好。

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【日本】
通関ベース貿易収支(6月)8:50
予想 4035億円 前回 -9683億円(-9671億円から修正)
予想 -1532億円 前回 -6091億円(季調済)

【韓国】
韓国中銀政策金利 10:00
予想 1.75% 現行 1.75%

【豪州】
失業率(6月)10:30
予想 5.2% 前回 5.2%

雇用者数(6月)10:30
予想 0.90万人 前回 4.23万人

【英国】
小売売上高(6月)17:30
予想 -0.3% 前回 -0.5%(前月比)
予想 2.6% 前回 2.3%(前年比)

【香港】
失業率(6月)17:30
予想 2.8% 前回 2.8%

【米国】
新規失業保険申請件数(13日までの週)21:30
予想 21.6万件 前回 20.9万件

フィラデルフィア連銀景況指数(7月)21:30
予想 5.0 前回 0.3

景気先行指数(6月)23:00
予想 0.1% 前回 0.0%(前月比)

【南アフリカ】
南アフリカ中銀政策金利 時刻未定
予想 6.50% 現行 6.50%

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】小動きに徹する

 ドル円は108円台前半の22銭レンジ。昨日の米小売売上高の好結果を受けて108円台を回復も、108円台を買い上げる勢いに欠ける展開に。雇用統計から続く今月の米指標の好結果にも関わらず、今月末のFOMCで一気に0.5%の利下げを行うとの期待感がそれなりの割合で継続しており、ドルの頭を抑えている。
 ユーロドルは1.1210ばさみの10ポイントレンジ。1.12の大台を維持してもみ合いが続いている。
 明日雇用統計を控える豪ドルは対ドルで0.7002-20レンジ。0.70割れを売り込む勢いに欠ける。
 昨日大きく値を落としたポンドドルは1.2403-20レンジ。NY市場でいったん1.24割れも、この時間帯は大台を維持しての推移に。

【ロンドン市場】欧州通貨売り続かずもみ合い

 朝方は欧州通貨売りの動き。ユーロドルが1.1200近辺を付ける動きを見せた。
もっと英物価統計前にポンドの買い戻しが入るとユーロも回復。
その後はもみ合いに終始。
ドル円はこの時間帯は狭いレンジでの小動きに終始し、米国勢の参加待ちに。

【NY市場】ドル円107円台に

 ドル円は朝方から売りが目立つ展開に。
今月末のFOMCでの大幅利下げ期待が重石となる格好。
 夕方にかけて下げがさらに強まり、
ドル円は107円台に値を落とした。
ネットフリックスが時間外で大幅安となり
米株の下げからのリスク警戒の動きもドル円の重石に。

【本日の見通し】下値リスクも動き限定的か

 下値リスクが意識される展開。
月末のFOMCまでは頭の重い展開が続きそう。
今週の小売売上高を含め、今月に入って重要米指標が軒並みの好結果となっているが
0.5%の大幅利下げ期待の割合が下がってこないどころか
若干上がってきている状況となっており、ドルの頭を抑えている。

 明後日からはブラックアウト期間でFOMC関係者の発言が制限されることもあり
当面はこの流れが続きそう。
ドル円は107円80銭割れに警戒感も、いったん試す場面も。
最もFOMC前に突っ込んだ売りにも慎重姿勢か。

【本日の戦略】戻り売り

 0.5%の利下げ期待は金利市場動向からみた割合が上昇中。
4割に迫る勢いとなっておりドル売りが広がる展開に。
この流れからは戻りはかなり重くなりそうで戻り売りの動きに。
ドル円は108円台前半の売り上がりを意識。108円台半ば超えでいったんストップも。

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中