ポンド買い強まる、調整の動き

ポンド買い強まる、調整の動き

ECB理事会にらみユーロ神経質
直近安値下回った後、PMIの弱さに売り加速も、戻す

-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/24 水曜日》
ドル円  ユーロドル ユーロ円
始値  108.23  1.1152  120.69
高値  108.28  1.1156  120.71
安値  107.94  1.1127  120.21
終値  108.19  1.1140  120.52
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/24 水曜日の主要株式指数》
前日終値 前日比
日経  21709.57 +88.69
DOW   27269.97 -79.22
S&P    3019.56 +14.09
Nasdaq  8321.50 +70.10
FTSE   7501.46 -55.40
DAX   12522.89 +32.15
—+—+—+—+—+—+—+–+–
《7/24 水曜日の商品市場》
NY原油先物9月限(WTI)(終値)
1バレル=55.88(-0.89 -1.57%)
NY金先物12 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1436.50(+2.00 +0.14%)
–+—+—+—+—+—+—+—+—+-
《7/24 水曜日に発表された主な経済指標》
【NZ】
貿易収支(6月)7:45
結果 3.65億NZドル
予想 1.00億NZドル 前回 2.64億NZドル

【日本】
景気動向指数(確報値)(5月)14:00
結果 103.4
予想  前回 103.2(景気一致指数)
結果 94.9
予想  前回 95.2(景気先行指数)

【ユーロ圏】
ドイツ製造業PMI・速報値(7月)16:30
結果 43.1
予想 45.2 前回 45.0

ドイツ非製造業PMI・速報値(7月)16:30
結果 55.4
予想 55.3 前回 55.8

ユーロ圏製造業PMI・速報値(7月)17:00
結果 46.4
予想 47.7 前回 47.6

ユーロ圏非製造業PMI・速報値(7月)17:00
結果 53.3
予想 53.3 前回 53.6

【南アフリカ】
消費者物価指数(6月)17:00
結果 4.5%
予想 4.4% 前回 4.5%(前年比)
結果 0.4%
予想 0.3% 前回 0.3%(前月比)

【米国】
MBA住宅ローン申請指数(19日までの週)20:00
結果 -1.9%
予想 N/A 前回 -1.1%(前週比)

新築住宅販売件数(6月)23:00
結果 64.6万件
予想 66.0万件 前回 60.4万件(62.6万件から修正)

EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)23:30 
原油 -1083.5万(4億4504万)
ガソリン -22.6万(2億3253万)
留出油 +61.3万(1億3682万)
(クッシング地区)
原油 -42.9万(5040万)
*()は在庫総量

–+—+—+—+—+—+—+–+—+-
《7/24 水曜日に発表された主なイベント・ニュースなど》

【米国】
*ダウジョーンズ
米司法省、ハイテク大手への反トラスト調査開始。

*ロス米商務長官
ファーウェイ、米企業からの輸出許可を求める申請が50件以上に上がっている。
制裁緩和について今後数週間で判断する。

*テロ・金融犯罪担当マンデルカー財務次官
イランの航空会社が戦闘員などの輸送に協力することでイラン政府を支援しているとして
航空会社への融資、部品提供なおは米国による経済制裁の対象になる可能性。

*米上院
国防長官に指名されているマーク・エスパー陸軍長官を承認した。
賛成は90票、反対は8票

*米5年債入札結果
最高落札利回り 1.824%(WI:1.814%)
応札倍率    2.26倍(前回2.39倍)

【ユーロ圏】
*マルムストローム欧州委員
米国がEU産自動車及び同部品に対して計画している関税賦課や
国家安全保障上の脅威を理由にした輸出制限要求について、
一切拒否する立場を示し、実施した場合、350億ユーロ相当の報復関税を賦課する方針。

【英国】
*ジョンソン新英首相
英国はEUを10月31日に離脱する。
「たられば」はない
困難はあるであろう。
ジャビド氏を財務相に、ラーブ氏を外相に指名。
-+—+–+—+—+—+—+—+—+–+–
《本日予定されている主な経済指標》

【韓国】
実質GDP・速報値(第2四半期)8:00
予想 0.9% 前回 -0.4%(前期比)
予想 1.9% 前回 1.7%(前年比)

【ユーロ圏】
ドイツIFO景況感指数(7月)17:00
予想 97.0 前回 97.4

ECB政策金利 20:45
予想 0.00% 現行 0.00%

【香港】
貿易収支(6月)17:30
予想 -491億香港ドル 前回 -347億香港ドル

【南アフリカ】
生産者物価指数(6月)18:30
予想 0.5% 前回 0.5%(前月比)
予想 5.8% 前回 6.4%(前年比)

【トルコ】
トルコ中銀政策金利 20:00
予想 21.50% 現行 24.00%

【米国】
新規失業保険申請件数(20日までの週)21:30
予想 21.9万件 前回 21.6万件

耐久財受注・速報値(6月)21:30
予想 0.7% 前回 -1.3%(前月比)
予想 0.2% 前回 0.4%(輸送除くコア・前月比)

卸売在庫・速報値(6月)21:30
予想 0.5% 前回 0.4%(前月比)

-☆-★-☆-★-☆-★-☆-

【東京市場】ユーロ売り優勢、明日のECB理事会にらむ

 ドル円は108円10銭台を中心にした推移。来週のFOMCを前に大幅利下げ期待の後退が見られていることからのドル買いや、米中通商協議再開を好感したドル買いに、昨日NY市場で108円30銭台まで上昇を見せたドル円。午前中は108円28銭を付ける場面も見られたが、少し調整の動き。ユーロ円の売りなどが頭を抑えた。
 ユーロは対ドル、対円で値を落とした。明日のECB理事会では金融政策の現状維持が濃厚も、フォワードガイダンスを緩和方向に変更するとの期待が広がっており、ユーロ売りにつながっている。内容次第では9月利下げの期待が強まる可能性もあり、ユーロの重石に。ユーロドル、ユーロ円共に昨日の安値を割り込み、ユーロドルは5月31日以来、ユーロ円に至っては1月3日のフラッシュクラッシュ以来の安値圏での推移。

【ロンドン市場】ポンド大きく上昇、ユーロは朝方PMI受けた売りが出る

 仏、独の購買担当者景気指数(PMI)がかなり弱めに出たことで、朝方はユーロ売りの動きが広がった。欧州景況感の悪化が明日のECB理事会に影響を与え、早期緩和に向けたフォワードガイダンスの変更などにつながるのではとの思惑がユーロ売りに。プラス圏で始まった独ダックス指数がマイナス圏を付けるなど欧州株安の動きが見られたこともユーロ売りにつながった。ユーロドル、ユーロ円ともに直近安値を下回り、ユーロドルは5月31日以来、ユーロ円は1月3日以来の安値圏に。
 もっとも、朝方の下げが収まると、その後ユーロドルに買い戻しが入る展開。米債利回りの低下や米株先物の下落などがドル売りを誘いユーロ買いドル売りに。
 ドル円は朝方108円を割り込む動きが見られた。株安を受けたリスク警戒の円高に加え、米債利回り低下を受けたドル売りの動きに。もっとも108円台にすぐに戻すと、その後は下げ渋り。戻りは鈍く頭の重い展開も、108円05銭前後での推移に。
 ポンドは大きく買い戻された。ジョンソン新首相の就任にあたり、これまでの売りに対する調整が出る格好に。2016年の国民投票でのブレグジットへの運動「ボート・リーブ」を率いたドミニク・カミングスを新政権のシニアアドバイザーとして用いるとの報道が、ブレグジットで英国内をまとめる動きにつながるとの期待などもポンド買いに。ポンドドルは朝方の1.2420台から1.2520台まで大きく買い上げられた。

【NY市場】ドル円一時108円割れも回復

 ドル円は一時108円割れを付ける動き。
来週のFOMCで0.5%の大幅利下げはないとみる動きもあり
下がったところでは買いが出る流れに。
新築住宅販売が23日の中古住宅販売に続いて弱く
108円割れの場面も続かなかった。
 
 25日のECB理事会をにらんだ動きや、
ロンドン朝方の欧州PMIを見た動きで、
ユーロ円の戻りが重く、ドル円の頭を抑える場面も。

 ポンド買いドル売りの動きもドル円の重石。

【本日の見通し】ECB理事会をにらむ展開

 本日はECB理事会の結果発表およびドラギ総裁の会見が予定されている。
前回までのフォワードガイダンスが据え置きを示していることもあり
今回いきなりの利下げなどは見送られる見込みも、
市場は早期の緩和期待を強めており、ガイダンスの変更や量的緩和再開が示されるのではとの思惑。
9月理事会での利下げを示唆するような流れが強まると
ユーロ売りの動きが強まる可能性。

 ユーロ円の売りからドル円も頭の重い展開か。
ただ、大幅利下げ期待が後退した米ドルとの対比もあり、
ユーロドルでユーロ売りドル買いが強まると、ドル円の下げも限定的。
ドル円は108円台前半を中止としたレンジ取引の可能性も。

【本日の戦略】ユーロは様子見も

 ECB理事会まではあまり無理をする展開でもない。
ユーロ関連は様子見に徹する手も。

 ドル円は戻り売りを意識。108円台前半での売りが中心か。
108円台半ばをしっかり超えるようならばストップ。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中