マーケット

米大統領選を占う上で参考になるサイト

【著者】

今年はFRBの利上げがマーケットの注目だと思っていたが、どうやらFBIがマーケットの注目材料になってしまった。

10月29日にクリントン候補のメール問題の再捜査を決定したFBIでした。しかし本日の早朝に出された能動によると、FBIのコミー長官はメールの私用問題で訴追を求めないという当初の判断を維持すると議会に伝えた。
これによって早朝からドル円は上昇、日経平均も200円を超える上昇になっており、先週からの大統領選を巡るリスクオフの流れから、リスクオンの流れになっている。

先週はFBIの再捜査をきっかけにトランプ候補の支持率が上昇、クリントン候補の支持率が低下して僅差の戦いになっていた。

ここで米国の大統領選で注目されているいくつかのサイトを紹介しよう。
これは米国の政治、外交問題でわたしも参考にしているかんべえさんのHP溜池通信を参考にさせていただいた。 

Cook Political Report
クリントン278 トランプ214 (11月2日)

RCP electoral Map
クリントン216 トランプ164 (11月4日)
 
Electoral-Vote.com
クリントン317 トランプ215 (11月5日)

Sabato`s Crystal Ball
クリントン293 トランプ214 (11月3日)

Five Thirty Eight
クリントン291.1 トランプ246.2 (11月5日)

これらはいまのところFBIが訴追しないという早朝のニュースの結果を織込んでいない。週末の時点でも、クリントン候補は僅差~安定的に優位を保っていた。

このニュースを受けて、マーケットはクリントン勝利に近づいたと判断しているのだろう。

【参考】2016年の大統領選挙の結果が分かるのはいつ?

YEN蔵|ADVANCE CEO

YEN蔵

シティバンク、スタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。 為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っている。