ユミコのきのうはどうだった? ドル円_2014/01/07

記載日:2014/01/07
ライン下ブレークではまず下方向に備えるのが基本だが、
このラインは外側に入ってもまた戻すこともあるラインということが
あらかじめわかっているので、そこに特に留意して見る。

ラインブレークしても戻りやすいのかなという見方でも、
もし下ブレークに備えたとしたら、
ブレーク方向へ伸びているうちは売りキープのスタンスでいいが、
下げ止まったらひきずらない意識が必要。

実際、日中も若干オーバーシュート以上さげたけれども大きく戻したし、
その後の下げで安値を更新したけれども、伸びずに底堅い状態で、
メインスタンス(日々チェック参照)にそう動き。

私がデイトレをしていた頃は、ブレーク狙いで伸びないとみたら、
損をださないようにエントリーあたりでさっとやめたりしていた。
   
    !今日のワンポイント: 下売り上買いは最も避けたい。

*メインの買い狙いの場合は、
ラインブレークのリスクを避けるため、
下げ止まりを確認するような動きを見れた後。

(時間足については、
どっとコム社のわたくしのレポートと、「レポートの見方」参照。
==============================

ドル円のコアな見方は外為どっとコム社のわたくしのレポート
中期見通し「パターン分析アナログでいこう」
それを基としたデイリーの見方「日々チェック」でご覧ください。
理屈に左右されないチャートを基準とした見方と、
スムーズな取引に欠かせない的確なラインの引き方が学べます。

==============================

<関連リンク>
高野由美子のドル円レポートが無料で見れるのは外為ドットコムだけ!
  口座開設は→コチラ

*アメーバブログ「高野由美子のFXならドル円でいこう」もご覧ください。
http://ameblo.jp/yumiko3035/

高野由美子

高野 由美子

チェース・マンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース銀行)のディーリング・ルームで、男性社会の為替の世界に飛び込む。実戦でチャートの知識を深め独自チャートを作成、千ポイント抜きを可能にした。 史上最高のドル円ディーラーといわれ内外から高い評価を得た。